代表挨拶

極嬢グループの代表を務めさせていただいております、武井と申します。
この度は、スタッフ求人のページをご覧下さいまして、ありがとうございます。
もし、自分がまだ未知の会社や、業界への転職を考える際、その会社がどんなところなのだろう?や、また、どんな人達が働いていて、どんな環境なのだろう?と気になるのは至極当然のことだと思います。
今回のご挨拶のページに記載される文面から、私がどんな人間であるのだろうかと、汲み取っていただけたら、幸いでございます

~ 私の考え方 ~

1.得意なことは伸ばし、不得意なことは他力本願

不得手なことをやり続けるよりか、得意なことをやり続けるほうが良い結果が生まれる。苦手、不得意な分野でいくら頑張っても、それを好きとする人間には結果、勝てないものと思います。
現状の私たちの会社は役割分担が非常に明確にされています
恥ずかしながら私は毎日同じ作業をやり続ける忍耐力というものがありません。が、何かを見つけた時は6時間~8時間、休憩なしで黙々とパソコンと向き合っている姿も稀ではありません。
そこの苦手部分を継続作業を苦としないスタッフが補ってくれています。
また、片付け、掃除は苦手だが、現場を回し進めていくことを得意とするスタッフを、普段は几帳面で片付け作業や現場の用意、段取りを得意とするが、引っ張り進めていくことは苦手なスタッフが補いながら運営を進めていたりなど。。
持ちつ持たれつの関係で良いと思っています

2.代表や上長、先輩に気を使う必要は一切無し

私たちのお仕事はまずはお客様への心遣いが一番大切です。私たちがお客様と接するお時間はたったの30秒程度、その中で最良の答えを見つけご提案させていただくことが接客時のプロのお仕事です。
次に女性への心遣い、秒や分で変わる女性のメンタルを、空気感から瞬時に判断し、声のトーンを変えての話し方、最後の語尾の取り方、物事を伝える際の道順をその場に合った話の仕方で対応する気遣いが大切です。
上記のように様々、気を使うことが必要な場面が風俗業には沢山有ります
それにプラスして、役職のある人だから、とか代表だからとかの気遣いは全く不要であり、お客様や女性を差し置いてまで使う必要は一切ありません
お客様や女性から見たら、代表もスタッフも何ら変わりませんし上下関係などは関係がないことなのです

3.風俗という職業に関しまして

様々に不安なことのほうが多いと思います。しかし中を見てみると案外普通の会社となんら変わらないことに驚くはずです。
私の第一印象はこれでした
様々な理由からこの性産業への転職をお考えのことと思います
何かが嫌になり職を転々としてしまう
自分の正義が会社に届かず心疲れてしまった
頑張っているのに評価されない環境
ざまざまな理由でたどり着いたことと思います
長く働くつもりはなく入社したとしても、定年など関係なく、どれだけ年齢を積み重ねても求められる仕事だと気づくはず
どうせ何も変わらない、と社会に揉まれすぎてしまった考えで入社したとしても、大きな夢や希望を持たせてくれる環境だと気づくはず

~ 最後に ~

風俗という仕事に就くということを、ご自身のご家族や身内に、堂々と胸を張って言える人のほうが少ないお仕事だと思います

身内からは、落ちぶれたなと思われることもあるかもしれません

様々な理由があり、この業界への転職を考えるに至っていることでしょう
この業界を糧に、何か自分の目標を掴むもよい
風俗業界の面白さを知り、楽しみ継続するもよい
その中で大きなチャンスを掴みものにするも、掴み損ねてしまうもよし
この業界、大きく夢をつかみ取る人間もいれば、挫折してしまう人間もいます

当グループでは、
誰でもチャンスがある環境
努力や頑張りが正当に評価される環境
同世代では掴めない金額を手にすることも可能な環境
上長に媚びを売る必要はなく目の前の仕事に集中できる環境
を必ずご体感していただけます

大きな野望も、着実な人生も選ぶのは自分次第
一緒に頑張ってくれる仲間を募集しております

極嬢グループ代表 武井